コートリル

コートリルのメモ

ファイザーさんのサイト

広告

思うこと

ここのところ、疑問に思う事がある。
障害者は手厚く保護されているのに、
何故、難病者には何もないんだろう?

障害者の方達には障害手帳があって、
身体の何処かに不自由を抱えているから。
と私は認識しているのですが。
間違っていたら指摘して下さい。

命には直ぐにどうこうなるわけではないような気がしていて。

難病者の多くは、今飲んでる薬をストップしたら、少しずつ症状が悪くなって
死に至るのに。。。
それもさほど長くない時間の間に。

けれど、国からは何もない。(に等しい)
特定疾患に入っている病気で数値もその範囲内の場合に公費負担が受けられるだけです。

社会からは守られない。
仕事も雇用も、生活も何にも。

何故なんだろう?

無理しないで

最近、急に寒くなりました。
11月の半ばも過ぎて、今年の終わりがもう直ぐそこになってきました。

最近、気になる事があります。

特定疾患の改定がどうなるのか?

かなりの方達が気にされていて、
かなりの方達が悲観的になっています。

その気持ち、難病を患ってない方にはわからないのかな。

健康な方達は自分がそれらの病気にかかる事は想像出来ないのかもしれない。

けど、明日そうなるかもしれない。

その時に治療費の負担がどれだけ負荷となるのかはわからないのだろうな。

仕事が出来る体調の方達の中に、
今かなり体調が悪そうなのに
かなり無理を重ねて働いてる方達がいます。

どうしたらいいんでしょうかね。
上の人に話をしても理解が得られない為に、また無理を重ねている。

そのまま無理を重ねたら、、、
倒れます。
入院になる可能性もある。

なら、自分から今日はここまでが限界です。と言うのも大事かと。

続きを読む

特定疾患 制度が変わったら負担はどのくらいに?

今日、Twitterのフォロワーさんが
現在検討されている制度に変更になった場合のシュミレーションページを作って下さいました。
是非、皆さん 制度が変わったら自分の負担がどのくらい変わるのかチェックして見てください。
難病に対する自己負担上限額の引上げについて現時点での情報をもとに、自己負担上限額・負担割合がどれだけになるのか計算できるページ(所得額、自己負担上限額から計算可能)と、新たに現在の自己負担額と、現在の案の新旧対照表ページを作りました。

特定疾患その後

重症者のみとか、重症者でなくても高額な支払いをしている場合は対象になるかも?
とか、話がごちゃごちゃになっている感じを受ける今日この頃です。

が、重症者の判断はどこで線引きされるのかも気になるところ。

そして、現在の制度より明らかに負担が増えそうな事も気がかりで。。。

非課税者でも、負担が0ではなくなるし、
収入があれば、毎月の限度額も上がるしと踏んだり蹴ったりな内容。

続きを読む