コートリルとうつ症状

ちょっと前に、口唇ヘルペスをやった時に
コートリルは一日1錠となっていた時の事を。


何日かは平気だったのですが
ある日、いきなりどーん。と気持ちが落ち込みました。
もうどうしたらいいの?って位に。

で、Dr.にその話をしたら
コートリルつまりはステロイドが少なすぎても多すぎても、そんな症状がでる事はある。と言われました。

つまり、丁度いい量じゃないと駄目らしい。

ちょうどいいって難しいんだけどなぁ。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 私のうつ病のきっかけ、よく「手術」といっておりますが、もっと細かく言うと、Prednisoneというステロイド剤の投与でした。
    酷い不眠、食欲亢進、動悸、といったよくある副作用から始まって、次第に感情の起伏が激しくなり(これもよくある副作用らしい)ました。
    だんだん精神的に参ってきて、術後3ヶ月のフォローアップの時、主治医に「最近、抑うつ状態なんです。・・・で、希死念慮があって辛いんですけど。」と相談したら、その日のうちに精神科に送られました(笑)。(さすがアメリカ!)
    ホルモンとうつ病、本当に密接な関係ですよね。甲状腺ホルモンや成長ホルモンも、低下すると抑うつ状態になりますし。で、下垂体がやられてしまっていると、こういうバランスが崩れるから心のバランスも崩れやすくなりますよね。
    私はサンドスタチンLARという、GHを下げるお薬を注射するたびにうつ病の悪化を繰り返しています。なかなか難しいです。。。

  2. Saraちゃん
    なかなか、面倒だよねぇ。
    こっちがうーん?となるとメンタル的にも落ちるしね。
    Saraちゃんの場合、自分で判断出来たからまだよいのでしょうねぇ。
    おかしいな。と思っていてもステロイド飲んでるし。と諦めちゃったりもするしなぁ。
    難しいよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。