土曜日に

呼吸器科に再度行ってきました。
肺機能検査も受け
なんとか、肺気腫は免れました。

しかし、いまひとつ良くなっていない事
どうも薬が合わない事を話してきました。


薬を飲むとおなかを壊したり、
手の関節が痛くなる事に気がついたので
伝えてみると
どうやら、オノンカプセルが私には合わないようで
副作用にもあげられているらしいです。

口内炎も酷くなってしまったのですが
それはお腹を壊したり、熱があったりしたせいかもしれません。

で、オノンカプセルはストップになり、
代わりに吸入薬を処方してもらう事に。

そこで、話したのが
もしかしたら、炎症を起こしている気管支とか肺にステロイドが
行ってないのかもしれない。という話。

普通、ステロイド飲んでたら良くなるはずなのに。と。

ただ、呼吸器で処方するステロイドは
デカドロンとかプレドニンで、コートリルは弱いから処方しないとの事。

で、吸入薬も気管支拡張とステロイドが混ざっているものにしてもらいました。
最初は気管支拡張のみのものの話だったのですが、
ステロイドの量増やした方がいいのか?
もしくは、デカドロンもってるから加えた方がいいのか?と
聞いた所
ステロイド入りの吸入薬になりました。

効いているのかなぁ???
まだ不明。
いつもの主治医の所で処方してもらった
抗生剤が切れたとたん、また熱が出るようになってしまっているので
いったいなんなんだろう?という不安もありますが
また、明日か明後日に行ってこようと思っているので
話してきます。
結局、9月は一度も注射での補充をしていないので
ダルダルです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。