その後

憂鬱な気分でしたが
薬が合わなくてかゆみとかも出た事の方が気になったし、
早く楽になりたかったので結局いつものドクターの所に行ってきました。


この日のドクターはめっちゃくちゃ明るい。
診察室に入ったとたん、おなか壊した?と聞いてきました。

前回の抗生剤はおなかを壊しやすい為です。

しかし、2回しか飲めなかった事。
かゆみの症状がでてきて辛い事を伝えました。

前回の抗生剤の薬はその前に点滴をした抗生剤と同じ薬剤なので
そんな風にでてくるのも不思議だけど・・・・。
多分、器材のせいだろうと。(薬を固めているもの)

で、飲み薬を処方してもらいました。

先生は前回の事は全く気にしていないようなので
その事を話した所

たかがシーハンって先生に言われたのが悲しかったです。
と言ったら
あー、厚労省の人はそう言うよ。
と言われました。
え?でも先生が何度も何度も言ってましたよね。と
言っても同じ台詞。

そして、
また特定疾患とその厚労省とのやりとりの様々な例が始まりました。

ようは余計な事をしなければいいんだよ。
と・・・・・。

(余計な事何かしましたか?
ただ、薬はどこまで適用になるか確認したかっただけですが。
色々、情報をネット上で拾ってる事?)

今は情勢がこんなんだから、認められないけど
今に認められるようになるから
それまで待ってた方がいい。と・・・・・。

うーん。
うまくまとめられちゃったような。
結局、色々問い合わせて
そこで何らかのもめ事になると
特定疾患を取り上げられちゃうから
大人しくしておけ。
という事なのかな?と思いますが・・・・・。

どうも納得できないなぁ。

私の在住の県内の病院は全て同じなのかな?と
ちょっと疑問が湧いています。

同県の人で同じ病気・もしくは似たような病気の人を捜すのは難しいだろうし。

正直、他県の人の話は色々聞いていて
特定疾患認定に必要とされる検査も免除されているという話を
2つの都道府県では確認できているのだけど・・・・。
それをまた話しても怒られるだけだしなぁ。と
そこは黙っておきました。

正直、悩みますね。
ドクターや病院選び。

今のドクターは私の病気に関しては
専門医です。

過去のドクターは3人一人はすぐに転勤になったので半年だけでしたが、残りの二人は消化器内科が専門のドクターだったので
詳しい話も聞けなかったしな・・・・・。

という意味ではとてもありがたいのですけど。

今のドクターにセカオピの話は難しいかもしれないなぁ。と思ったり。
どこいったって、結果は同じだよ。と言われそうです。
はい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。