empty cella(sella)

empty sella

(脳下垂体がトルコ鞍から後方に押し出された病態) トルコ鞍空洞症候群, エンプティセラ症候群


私の下垂体の状態は、このエンプティセラの状態でした。

*もう少し詳しく書くと、普通の下垂体は楕円形というか卵のように
 丸みを持っています。(もっとうまい表現が見つからなくてごめんなさい。)

私の下垂体はつぶれていました。
ただ、かろうじて、全てがぺったんこではなく、
一部分は少し膨らみがあるので、その部分の機能は大丈夫だろう。と
脳神経外科のドクターにも言われました。*

15年前にもMRIをとっていたのですが、
その時にはこの言葉を聞いた記憶がなく
今回、新たにとったMRIでこのように
脳神経外科のドクターと私の主治医にも言われました。

ただ、いつからなのか
先天性なのか後天性なのかまでは不明だそうです。

シーハンも可能性があるし・・・・との事で。

*シーハン症候群 であるとされていたので、
出産時の何かしらが原因でつぶれた可能性もあり。
もしくは、別の時かもしれないしと。
こればかりはちょくちょく状態をMRIで写していた訳ではないので
わからない。との事です。*

特定疾患の書類には記入してもらってきたので
近いうちに提出に行ってくる予定です。

*から*の2カ所を2010/01/17に追記

広告

コメント / トラックバック2件

  1. もう書類が出来たなんて早いですね!
    empty celllaも解って、これからその治療が加わわれば体調が少しは良くなるのではないでしょうか?
    シーハンって出産時の大量出血が原因だったりするとのことですけど、kakoさん、そんなだったのですか?
    ストレスでもなると言う事ですから、体調不良が長くなると、そんなことからも起こるのかもしれませんね。
    治らないそうですから、今更原因を考えても仕方ないですね(^^;
    でも投薬で症状が落ち着きますから診断されて良かったですね。
    薬はやはりチラージンですかね~
    私も早いところ、内分泌のお医者さんを探さなくちゃ。

  2. junさん
    empty cellaの治療法はないですね。
    最初の診断の時に、シーハンだろう。と言われていました。
    大量ではなかったけど、少なくはなかったです。
    出産後から母乳もでなくなったり産後数ヶ月で元の体重に戻り、あっと言う間に、ガリガリに痩せていったのでシーハンでもありempty cellaでもある。
     逆かな?empty cellaであり、シーハンにも。なのかな?
    原発なのか続発なのかの診断がつかないので、その辺は何とも言えませんね。
    私の場合はACTH単独欠損症なので、ACTHを補充する薬も今は出来ているはずなのですが、今の所はACTHが足りない事によって不足になっているコルチゾールを補うのがメインですね。(コートリルで服薬。+たまにソル・コーテフを注射して補充。体調がもっとよくないとデカドロンも追加されます。)
    チラージンは甲状腺ですよね?
    甲状腺は幸い正常範囲内なので、そちらは飲む必要がないようです。
    内分泌の事わかるドクターいてくれるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。