検査

行ってきました。
昨日から薬をストップして頭痛と吐き気に見舞われつつも何とか頑張って行ってきました。
胃腸薬と吐き気止めは飲みました。


お昼前に病院到着。
で、すぐに処置室に呼ばれ、一番奥のベットに横になりました。

その後、まず普通の採血。
あ、その前に動いてもいいようにと血管を探しまくってもらいました。
手首の当たりにさして頂きました。

その後、薬剤を入れます。
で、30分後に採血。を3回だか4回繰り返し
最後は1時間後に。

で、その後に薬を飲んでいないので
ソル・コーテフを注射で入れてもらいました。

で、吐き気止めと胃の薬を頼んでおいたのですが
MRIをどうするかなどの話があったので
診察室へ。
午後3時からの患者さんが何人かいらっしゃいました。

で、どこそこ病院でやってもらえば
朝一で行けば、多分、その日にやって貰えると思うから。と
またまた紹介状書いてもらいました。

もー、びっくりしたのは
今日の検査代。
高かったです。
通常、入院してやる検査だしね。
診察・処方箋と注射と検査で3割負担で18000円。

ひえー。って感じです。

この検査の結果が万一いい方に出ちゃうと
特定疾患にはなりません・・・・・。

ドキドキです。

次はMRIいくらかかるかなー???

特定疾患通れば10月の分から遡ってもらえるので、
通ればいくらか戻るしいいや。と
思っていますが。

ずっと担当して下さった、看護士さんありがとうございました。

広告

コメント / トラックバック6件

  1. 大変でしたね。
    病院の医師は、面倒を嫌いますし、もしかしたら知識が無いのを体裁繕って嫌がらせみたいなことを言ったのかもしれませんね。
    私もそう言う経験沢山しました。解らないから面倒なんだって思いましたよ。だって解る医師は手掛けてくれますもん。
    それにしても証明しなくては認定されないのですから大変ですよね。
    私の方も証明すれば認定されるみたいですけど、今はそれどころじゃないし、解る医師も居ないだろうから無理かもしれません。
    それにしても「お金ね!」って不愉快ですね!
    医師としての資質に欠けますよ。
    でも、そんなの多いですね。
    主治医さんは良い方で良かったですね♪

  2. junさん
    いつもありがとうございます。
    junさんは申請しないのですか?
    ACTH負荷試験が大変かもしれません。
    あとはただの採血とMRIかなー。
    今の病気がわかったのが、最近ならその時に検査をしているはずなのでそのデータが使える場合もあります。
    お薬が院外処方なら、それは払わなくてよくなるようです。
    私も他の方に比べるとコートリルだけなので、そこら変は薬代もそんなにかかっていないのかもしれません。
    ただ、採血で検査をやると結構しますよね。
    ホルモン系は日数もかかるし、お金もかかりますよね。
    通常、入院してやる検査を外来でやって貰って
    ちょうど、午前の診察受付終わり30分くらい前から、
    午後診がはじまってすぐぐらいの時間までだったので、
    ずっと採血を担当して下さった看護士さんは休憩ちゃんととれたのかな?とそっちが心配でした。
    日曜はMRI行ってきます。予約だけになるかやってもらえるかは行ってみないとわからないのですが。

  3. 確かに、薬代より検査代などなど結構かかりますから、それが補助されたらありがたいですよね~
    今は詳しくない先生が投薬だけしてくれているので、治療先の選択からしなくてはダメな状況です。(多分)
    私の場合、原因が交通事故なので、医師に嫌われることこの上ない状況でして、診断書どころか検査結果も見落とされるばかりなんですよ。ひどい話です。
    kakoさんがこの間行かれた病院の医師みたいに、皆、お金?って感じですから滅多な事では正しく診断してくれません。なので治療に至らずばかりで困っているんですけどね~
    kakoさんはご理解ある主治医さんでほんと良かったですね♪

  4. junさん
    専門医が近くにいるといいのですけど。
    内分泌科医のサイトがあるので、そちらに専門医一覧表がありましたよ。
    その中から、自分の住んでいる都道府県にいるドクターを探して、そのドクター名で検索するとどちらの病院にいるかわかります。
    あとは、都道府県名と内分泌科で検索かけて病院を探すのも手かと。市町村名のがいいかなー?
    今は内分泌科医が減っているようで、
    いても糖尿などの代謝内科の専門医のが多いようです。
    私は市町村名に内分泌科で検索した記憶があります。
    それで2つひっかかり、その病院のサイトを見て、専門は何なのかを確認しました。
    ドクター探しは本当に大変ですけど、
    これからずっと、診てもらうドクターになるので、自分に合うドクターを見つけたいですよね。
    いいドクターに巡り会えますように。

  5. ご案内ありがとうございます。
    今は代理みたいな感じで処方してくれている先生がいますけど、専門の先生を探さないとダメですね。
    探してみますね。
    あ・・・
    この診断がまだ出ない頃、他県の下垂体の専門の先生にメール相談したことがあったのですが、私の住む県には居ないと言っていたのを思い出しました。
    それでも、もしかしたら・・・ってことで受診したら、やはり専門外だったんですよ。
    なんか、この辺りは医療がお粗末みたいですよ(^^;
    でも、この診断をしてくれた先生は内科の先生でしたから、どこかに居るかもしれませんね♪

  6. そうですね。
    内科医でもある程度わかるドクターもいます。
    ただ、副腎不全起こした時の処置の仕方とかが
    今思うと、どうなんだろう?みたいな。
    私も最初のドクターは内科医でした。
    それも消化器専門でした。
    たまたまもしかして。と見つけて下さったのですが。
    しばらくはその先生に診て頂いていたのですが
    大きい病院で転勤なとがある所なので
    3人目のドクターが移動の時に、
    またドクターに説明するのが面倒だ。って事で探し始めました。
    専門医でなくても
    せめて、わかるドクターがいるといいんですけどねー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。