意識不明

目が覚めると病院のベットだった・・・・。

なんて事が2.3度あった。

入院病棟の時もあれば、処置室の時も。

低血糖で意識を失ってしまっていた。

血糖値も20を切る事がちょこちょこあったらしい。

そして、

この病気が判明したのは

阪神・淡路大震災が起きた年の前年のクリスマスイヴに入院。

点滴の針もさせなくて首にさしていたらしい・・・・・。

その頃、殆ど意識がない状態が続いていたはず。

記憶も正直飛んでいる・・・・・・。

今でも記憶に残っているのは

ICUのベットの上で目覚めた時。

ここ、どこ?

※※病院?

確か、これだけ話したはず。

そして、また意識混濁。

次は大部屋に移動の途中ま記憶が少し。

だけど、次に目が覚めた時

個室だった。

テレビでは 阪神・淡路大震災の映像が流れていた。

半月ほど、意識が混濁していたらしい。

ただ、この日からは意識も戻ってきていた。

ここまでの間に色んな検査があったらしい。

MRIもやったみたい。

その頃はガリガリに痩せていて

髪も薄くなってた。

本当に今日死んでてもおかしくない。

そんな状態だったみたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。